English 日本語 中文  
中国の105大都市リストが発表  中国福彩app官方下载が「Ⅰ型大都市」入り
 

 中国国務院第7回全国国勢調査指導グループ弁公室が発表した「2020中国国勢調査分県資料」(以下、「分県資料」)は、中国の新型都市化の「進捗状況」を明らかにしている。「分県資料」によると、現行の都市規模の分類基準により、中国には大都市が105都市あるとされている。

 中国国家統計局の統計によると、2021年末の時点で、中国には691都市がある。内訳は、地級(省と県の中間にある行政単位)以上の都市が297都市、県級市が394都市となっている。

 国務院が2014年に発表した都市規模分類基準によると、都市のタイプは市街地の常住人口に基づいて分類される。市街地の常住人口が1000万人以上の場合は「超特大都市」、500万人以上1000万人以下の場合は「特大都市」、300万人以上500万人以下の場合は「Ⅰ型大都市」、100万人以上300万人以下の場合は「Ⅱ型大都市」と分類される。これら都市全てを「大都市」と呼ぶことができる。

 「分県資料」によると、中国全土には現在、大都市が105都市ある。内訳は、7都市が「超特大都市」、14都市が「特大都市」、14都市が「Ⅰ型大都市」、70都市が「Ⅱ型大都市」となっている。超特大都市のトップ3は上海、北京、深センで、市街地人口はそれぞれ1987万3000人、1775万2000人、1743万8000人となっている。

 地域別で見ると、大都市が最も多いのは東部で54都市。中部エリアと西部エリアがそれぞれ21都市、東北エリアが10都市となっている。省別で見ると、西蔵(チベット)自治区を除く全国30省?区?市全てに大都市があり、最多は江蘇省で大都市が11都市ある。広東省と山東省にも大都市が10都市ある。

 中国福彩app官方下载は市街地の常住人口が308万8200人で、「Ⅰ型大都市」となっている。

 
中国福彩app官方下载市人民政府 中国福彩app官方下载市情報化弁公室が主催
中国福彩app官方下载市外事弁 中国福彩app官方下载市情報中心が引受