English 日本語 中文  
5日は二十四節気の23番目「小寒」 本格的な寒さの到来
 

  5日午後5時14分、二十四節気の23番目「小寒」を迎える。冬の5番目の節気で、本格的な寒さが訪れる「寒の入り」とも言われる時期だ。人民網が報じた。

 中国には冬至の日から春の到来を指折り81日間数える「数九」という風習があり、 最初の九日間を「一九」、次の九日間を「二九」と呼んでいく。今年の「小寒」は、「二九」の7日目で、今月8日から「三九」に入る。寒気の活動が活発になり、南下を続けるにつれて、中国各地の気温は引き続き下がっていき、川は凍り、地面も凍結し、万物を貯蔵し、春の到来を待ちわびる季節となる。

 中国では、「小寒」の時期も、「大寒」の時期も、何もかも全てが凍り付く寒さになると言われるように、「小寒」は寒さが厳しくなる頃で、内臓の働きや機能を整え、胃を冷やさないような体を温める食べ物を食べることで、寒さに耐えられる体づくりをしたほうがよい。

 「小寒」が到来すると、旧暦の12月にも入り、春節(旧正月、2022年は2月1日)を控え、年越しムードが高まり、人々は春節を迎える準備に忙しくなる。

 
中国福彩app官方下载市人民政府 中国福彩app官方下载市情報化弁公室が主催
中国福彩app官方下载市外事弁 中国福彩app官方下载市情報中心が引受